ケガをしない為の靴の選び方

やつひめブログ, 施術案内, 院長ブログ

やつひめ整骨院ではインソール作成(足底挿板作成)を行っております。
しかし、インソールの効果を発揮させる為には靴がとても重要。

という事で、靴の選び方について今日はお話します。

当院に訪れた足のケガの方の原因はほとんどが大きな靴を履いておられます。足に対して靴が大きいので、靴の中で足が動くからそれを抑えようとして、足の筋肉が疲れやすくなったり、足の指をうまく使えなくなり、シンスプリントや外反母趾、アキレス腱炎、膝の痛みなどを引き起こす原因となっています。マラソン大会の練習ですねの内側が痛いなんてまさに靴が原因です。

適切な靴を履くことで、走る速さやジャンプ力が良くなるのに、あえてパフォーマンスを落として、けがを誘発なんて事したくないですよね。

話したい事が多くて前置きが長くなりましたが、靴を選ぶときはまず、中敷きを取り出してください。そして、下に置き、踵に合わせて中敷きの上に足を置いてください。この際は足を互い違いにせずにまっすぐ立ってくださいね。

その時に、自分の一番長い足の指から中敷きの先端までの距離が7㎜くらいがちょうど良い靴です。
1cm以上は大きすぎますし、5㎜以下だと小さすぎます。メーカーにより靴のサイズ表記がバラバラだったりするので、中敷きを出して選ぶとまず間違いありません。

ほかにも選ぶ基準はあるのですが、ここが一番重要ポイントです。

インソールを作りたい。靴はこれで良いのか気になり、詳しい事を聞きたい方は当院までお尋ねください。

 

関連記事一覧