野球肘、野球肩について

やつひめブログ, 施術案内, 院長ブログ

毎年4月くらいになると高校3年生は最後の大会が近いという事で、多くの部活動生が捻挫や肉離れなどケガをして来院されます。

さて、今回のテーマ「野球肩、野球肘」なんですが、野球にかかわった方なら聞いた事があると思います。ボールを投げる時に肘や肩に痛みがでる症状です。

この症状は著しくパフォーマンスを下げるので、早く治ってほしいと思われている人は多いです。

しかし、症状が出ないようにするためにどうしたらよいですか?

と尋ねられるのですが、痛みをなくすだけなら安静が一番です。
炎症を起こしているのなら炎症が治まるまで何もしなければ症状はなくなります。

しかし、問題は全く解決しません。

なぜなら原因を排除していないからです。ですから、再び投げ出すと痛みが出てくる。

お気づきのように、痛みを取るのはすごく簡単なのですが、再度症状が出ない様にする為には、原因を解決しないとダメなのです。

明日試合とかだとテーピングをして一時しのぎも行いますが、大事なのは投げ方の問題です。
そこにテコ入れしない限りは壊し続け遂には投げられなくなってしまいます。

このように、部活動をしていて接触や転倒でケガをした人以外は体の使い方や靴選びがまずいです。

当院はそういった指導も行います。気になる方はぜひお問い合わせください。

関連記事一覧