身体のあちこちが痛む方へ

やつひめブログ, 施術案内, 院長ブログ

身体のあちこちが痛い

こういう方は次の項目をチェックしてみてください。

現在、3か所以上痛みがある。
身体を動かしたからと言って痛みの増減がない。
ここが痛いと指1本で指し示せるような痛みではない。
針で刺したような鋭い痛みではなく、鈍いような重いような痛み
動けないほど激しい痛みではない
痛み止めが効かない
痛み止めを半年以上服用している
甘いものが好きだ
睡眠導入剤を服用している
冬場、静電気が激しい。
湯船に5分以上つかれない。またはつからない。
私は冷え性だ

この項目で3つ以上当てはまる方は、自律神経に異常を起こしていると考えられます。

 

通常、交通事故にあった方やスポーツをやっている方以外で3か所以上壊すなんて事はほとんどありません。

しかし、実際にそのような訴えはあり、来院される方も多いです。

その中には激しい痛みで、財布すら持ちあげれないというような方もいます。

「いつからですか?」「なんでこんな痛みが出るようになったのですか?」と尋ねても

「わかりません。」「自然といつのまにか」「昔から」という回答が多いです。

 

そして、

「どこにいっても、私の事をわかってくれない。」

「本当に痛いのに、誰もわかってくれない。」

「おかしい人だと思われた。」

「めんどくさがられた。」

「どこにいっても治らない」

という事で悩まれている方がほとんどです。

 

もし、あなたがこのような症状で当てはまるのでしたら、

当院での治療をおすすめいたします。

 

上記のような状態で痛み止めを服用して生活をつづけていると、

ひどいかたですとRSD(反射性交感神経性ジストロフィー)と呼ばれる症状になる可能性が高く、二度と回復できなくなります。

 

自律神経の異常は人によりさまざまですが、

冷え性の症状を見る事でタイプがわかります。

タイプ別でしっかりと治療を行う事で回復していきますが、

治療法を間違えると悪化していき、痛みが強くなりジプシーのように色々な治療院をさまよう結果になります。

確かに回復には時間がかかります。最低でも半年はかかるでしょう。

痛みには波があり、良い時悪い時を繰り返しますが、徐々に落ち着いてきます。

治療も大事ですが、自宅での過ごし方も大事で二人三脚の治療が必要な症状です。

一人で悩まずに一度ご来院ください。

お待ちしております。

関連記事一覧